大学留学で友人の輪を広げよう

海外留学

大学生は友人の輪が最も広がりやすい時期です。中学や高校の頃は良いも悪いも地元の街で人間関係が完結します。楽な人付き合いが出来る反面、自分と似た価値観や世代、趣味の友達に限定されやすいです。大学は各地域から色々な人々が集まります。同じ年代だったとしても、暮らしている地域や持っている趣味が変われば、より刺激的な学生生活が過ごせます。自分とは違った価値観を持つ新しい友人が沢山作れるのが利点です。

 

そして留学をすればその友人関係の輪は加速的に広がります。日本でも最近は外国人の数が増えてきました。ところが同世代の大学生の友人を作るのはまだまだ日本の大学のキャンパス内では難しいです。一方で海外のキャンパスに短期留学がすれば、同世代の外国人の学友が沢山作れます。

 

英語力が自信がある方には特におすすめです。一般的な英会話のスキルがあるだけで短期留学は十分検討が可能です。最近では学習意欲が高い若者を支援するサポート体制が充実して来ました。

 

カナダは短期留学に適した地域です。物価が比較的リーズナブルであり、日本人が暮らしている数も多いと言われています。海外から同じく短期留学に訪れる学生が多いため、キャンパスの中で浮き辛いです。綺麗な英語が学べたり、カジュアルな雰囲気で暮らせるのがカナダの街の利点となります。

 

ヨーロッパの歴史や文化に興味がある方はイギリスやドイツに短期留学してみましょう。いずれも本格的な文化と外国語に触れられる絶好の土地です。海外留学で見聞を広めて同世代の友人を作っておけば、その後の人生が楽しくなります。まさに友達の輪はかけがえのない宝です。社会人になった後も交流が続くかもしれません。将来的にビジネスをする時、学生時代に広げた人脈が役立つことは多いです。

 

カナダやドイツやイギリスで暮らす友人はそれぞれ独特の考え方を持っています。日本の大学生とは違った刺激的なアドバイスを得られたり、白熱したディベートや愉快なコミュニケーションが満喫出来る事、うけあいです


大学留学で専門分野を学ぶ

海外留学

学習する範囲が広がるにつれて、新しいことにチャレンジしたくなる人は珍しくないと言われています。個人で勉強しようとしても学べる範囲が狭いので、さまざまな方法を使用して深く学びたいと考える人もいるでしょう。独学ではできることが限られているため、専門的に学習したいなら大学留学を検討するといいかもしれません。

 

専門的な分野を学ぶために大学を活用する人は少なくないですが、設備が十分でないこともあります。必要な環境を個人で揃えるのは難しいため、専門分野を学習できる大学に留学することも検討するといいです。設備を活用した方がスムースに学習できるので、学びたい分野があるなら勉強しやすい場所を利用した方が効率がいいかもしれません。

 

幅広いジャンルを学びやすい場所と専門分野に特化した大学があるため、より環境がいいところを選びましょう。専門分野を持っているところは同じ志を持った人と出会える傾向にあるので、モチベーションの維持に適しています。似たようなジャンルを目指す人が多いほど新しいアイデアも浮かびやすいです。そのため、学びたい分野を深く理解するためにも、大学留学のメリットをチェックした方がいいかもしれません。新しい環境に飛び込むことで自分の可能性が伸びることもあるので、専門分野で結果を出したい人ほど大学留学を選択肢に入れるといいです。どの大学に留学するか悩んだときは、学びたい分野への理解があるかで決めるといいでしょう。研究に理解があるところほど設備だけでなくサポート体制も充実している傾向にあります。

 

深く学びたいジャンルがあるなら早めに環境を整えることを考えるといいです。適切な環境で学ぶ人の方が専門分野でも結果を出せることが少なくありません。実績があるところは周りへの相談がしやすい傾向にあるため、問題が発生しても解決が早くなることが珍しくないです。より深く学びたいジャンルがあるなら積極的に環境を変えることを検討しましょう。


大学留学のマネー情報

海外留学

大学留学を行うときには、それ相応の費用が必要になります。ただ、費用が必要とは言っても実際に行く大学の種類や留学期間によってマネー事情は大きく異なってきます。まず、私立大学や州立大学を決定することから始めなくてはいけません。

 

例えば、アメリカの大学は、州立と私立に大別され、その中には合計2,500近くの学校があります。州立は州によって設立された学校であり、日本の公立に相当します。したがって、授業料を比較的安く設定するケースが多いといえます。この州立には地域社会に根ざした2年制に所属しており、短期のためのさまざまなプログラムが存在します。そのため、こうした学校に行けばある程度費用は抑えることが可能です。一方、私立は有名な歴史的な学校、特にハーバード大学を含む全米でも有名であり、多くの私立は米国東部に集中しています。

 

日本のように学費が高かったり、高等学校が多く、都会であることが多いため、生活費が高価になる傾向があります。このようにして、留学したい学校が州立であるか私立であるかによって、費用が大きく変わることになります。逆に、予算から希望の学校を絞り込むことは可能ですが、そこで専攻するプログラムが充実しているかどうかを確認することを忘れてはいけません。いくら費用が安いからといって興味のないところにいっても時間のムダになってしまいます。また、期間を決めることも非常に大切です。

 

アメリカの大学のほとんどの学期は2学期です。したがって、アメリカの大学に行こうと考える場合には、満足な講義を受けるための期間として最短でも4ヶ月から6ヶ月の海外渡航期間が必要になります。反対に、卒業証書を取得する目的で留学している場合は、約4年間海外留学と考えるべきです。言い換えれば、留学費用は期間によって大きく変動するため、留学費から海外留学期間を決定することができます。日本から持っていける費用にも限界がありますので、これらの点はきちんと考えなくてはいけません。


大学留学をするなら奨学金の申請をしよう

海外留学

大学生が留学を考えている時に資金がなくて悩んでいる場合に利用したいのが奨学金です。資金がなければ何も計画をすることができませんし、やりたい事ができなくなってしまうでしょう。しかし、奨学金を申請するにしても条件があったり、種類もありますので自分に最適なものを見つけないといけません。

 

大学留学するために奨学金を申請するためには、主に経済的な問題をサポートするため、学業などで優秀な人物であるなどの目的で支給されて、採用人数や学力や家計状況によっても予算が決められて、選考されます。また給付型と貸与型では大きく異なっており、返済の必要があるかないかは大きく違うでしょう。

 

留学奨学金の多くは給付型となりまして、国や地方自治体だけではなく民間企業も用意していまして、さまざまなプログラムがあります。どこの団体や組織のものを申請するかを考える必要がありまして、例えば文部科学省のものであれば学業以外にもインターンシップやボランティアなどの活動の支援をしてもらうことができますし、JASSOだと採用枠が多いです。

 

貸与型の場合も同じように申請をして審査を通らなければならず、返済をするにしても無利息であったり、条件を達成すれば免除になったりすることもありますので中身の確認は大事です。

 

また大学留学をする時に、どこの国に行くかによってもより良い奨学金は変わってきます。例えば、イギリスに行きたい方の場合はイギリス政府が運営している英国外務省チーヴニング奨学金がありまして、イギリスの大学院に行く予定の方を対象をしているなど、それぞれに合ったものがあります。

 

奨学金と一言で言いましても種類が数多くあり、目的に合わせて選ぶことが重要であり、審査を通るためにも具体的な目的を持つことも大事です。採用枠が決まっていますから必ずしも希望する奨学金を利用できないことがありますが、大学留学を考えているのでしたら申請をした方が良いでしょう。


大学留学でかかるのは学費以外だけではない!

海外留学

いつの時代にも新しい環境で自分の能力を高めるというのは重要なことであり、大学留学で違う分野を専攻したり、専門分野の知識を高めるのもいい方法です。他にも外国の大学に留学すれば異国文化を吸収することもできるので、自分の将来に大きくプラスになるのは間違いないでしょう。ただし問題になるのは費用であり、これは学費だけにかかるというものではないので捻出が大変になります。

 

費用が最も必要になるのは生活費です。ホームステイという方法を使えば大幅にその生活費を免除できますが、これはあくまでも一般的な生活をするための補助をしてくれるという制度であり、本人が何か商品を購入したり人との付き合いなどで支出するものについては当然に個人負担になります。その地域でアルバイトといった仕事を行う人もいますが、それには最低限の語学とその国の文化について知っていなければならず、何も知らずに行うとトラブルが発生する原因になる可能性もあります。

 

それにこのホームステイはホストファミリーとなる家族との相性もあり、必ずしも誰もが良好な関係が構築できるとは限らないので、その場所に頼れるような人がいなければ自分で部屋を借りて生活をしなければいけなくなります。幸いにして留学生という証明があれば異国人であっても部屋を貸してくれる大家はいるので、もしどうしても部屋が用意できないのであれば事前に留学を後押ししてくれる機関があるので、そこに相談してもいいでしょうが余分な費用がかかるのは間違いありません。

 

大学留学はこれから社会に出て行く人にとっては新しい見識と経験を積む絶好の機会ですが、そこには学費以外に生活費がかかってくるというのを認識していて下さい。国内にいて困れば身内が簡単に助けてくれるという事態にはならないので、出発する前に十分な下調べを行い、その上で留学が終了するまでにどのくらいの費用が必要になるのか考えてみて、どのような事態になっても対応ができるという状態にならなければ困るのは本人だけです。